証券会社

【米国株】私がSBI証券を選んだ2つの理由

投稿日:2017年10月3日 更新日:

 

 

早速ですが、私が利用している証券会社はSBI証券です。
過去に複数の証券会社を利用しておりましたが、米国株を初めてからSBI証券におさまりました。

 

SBI証券に決めたということはそれなりに他の証券会社と比べて優位な点があったからです。
今回はその点について整理したいと思います。

 

米国株を扱う証券会社

 

ネット証券で米国株を扱う証券会社は3つです。

 

・SBI証券
・楽天証券
・マネックス証券

 

その他にも扱っている証券会社もありますが、扱う銘柄数や手数料など比較にならないので上記3社と考えて差し支えないと思います。

 

証券会社3社比較

 

2017/10/3現在

証券会社名SBI証券楽天証券
マネックス証券
銘柄数(個別株)
1,0519603,084
銘柄数(ADR)
11412365
銘柄数(ETF)
241251253
特定口座
NISA口座
注文の種類成行・指値成行・指値成行・指値
1注文あたりの取引手数料約定代金の0.45%(税込0.486%)
最低手数料:5ドル(税込5.4ドル)
上限手数料:20ドル(税込21.6ドル)
約定代金の0.45%(税込0.486%)
最低手数料:5ドル(税込5.4ドル)
上限手数料:20ドル(税込21.6ドル)
約定代金の0.45%(税込0.486%)
最低手数料:5ドル(税込5.4ドル)
上限手数料:20ドル(税込21.6ドル)
決済方法米ドルによる「外貨決済」又は日本円による「円貨決済」
※円貨決済の場合は為替スプレッド25銭がかかる
米ドルによる「外貨決済」又は日本円による「円貨決済」
※円貨決済の場合は為替スプレッド25銭がかかる
米ドルによる「外貨決済」
購入単位1株単位1株単位1株単位
売却単位1株単位1株単位1株単位
米国貸株サービス××

 

比較表を作成して整理してみましたがどの証券会社もあまり変わらないですね(笑)

 

これには各証券会社のサービス向上があったからです。
手数料ですが、もともとマネックス証券が断トツで安く、現在どの証券会社も採用している「最低手数料:5ドル」はマネックス証券がベースとなってました。

 

しかし、2016/8/8からSBI証券が追随し、2017/9/25から楽天証券も同じ水準になりました。
その為、現在は各証券会社共に同じ手数料となってます。

 

 

SBI証券を利用する理由は?

 

ではなぜ私はSBI証券を利用しているのでしょうか?

 

理由は大きく2つあります。

 

  • たまたま米国株を初めようとした時に手数料が下がった
  • SBIネット銀行の外貨普通預金口座を使用すると、日本円を米ドルに変えるコストは、1米ドルあたり4銭になる

 

たまたま手数料が下がった

1つ目の理由についてはこじつけに近いですが、もともとSBI証券で国内株で投資してましたが、米国株に興味を持ち始めた頃にSBI証券の手数料は「1,000株まで、25米ドル。1,000株を超えた分は、1株毎に2セント追加」という鬼のように高い手数料でした。

 

その為、マネックス証券の口座を開くか検討している時にたまたまSBI証券の手数料が見直され、使い慣れたSBI証券を利用することに決めました。

 

SBIネット銀行利用で為替コストが最安

2つ目が重要です。

 

3社比較表からだとわからないですが、SBI証券はSBIネット銀行と連携してます。
そして、SBIネット銀行の外貨普通預金口座の手数料が1米ドルあたり4銭と業界最低水準です。

(しかも、外貨積立なら1米ドルあたり2銭!)

 

これを組み合わせることで、SBIネット銀行の外貨普通預金口座でドルを購入し、SBI証券の「外貨入出金サービス」を使用することでSBIネット銀行の外貨普通預金口座からSBI証券の口座にドルを移すことができます。
しかも、上記サービスは無料です。

 

他の証券会社の為替手数料は1米ドルあたり25銭なので、これを利用すると1米ドルあたり21銭も安くなります。
(ちなみにSBI証券で円貨決済する場合には1米ドルあたり25銭かかるので気をつけてください。)

 

以上が私がSBI証券を利用する理由になります。

今後も証券会社様のサービス向上を期待してます!

 

 

↓↓↓米国株を始めるならSBI証券がおすすめ↓↓↓



-証券会社

関連記事

【2018年4月版】3大ネット証券の各種手数料を再確認してみました

  先日、読者の方からコメントを頂き、ドル転のコストについてご意見頂きました。   私は約1年前にドル転するのに良い方法は、SBIネット銀行の外貨積立だと思い実践してきました。 & …

【SBI証券】米国株式/米国ETF定期買付サービス開始!

  SBI証券がついに、「米国株式/米国ETF定期買付サービス」を開始しました。   そのままですが、米国株と米国ETFを定期的に自動で買付してくれるサービスです。   …

【ideco(イデコ)】楽天証券のおすすめ商品ベスト3

      おすすめベスト3の第3回目(最終回)は、楽天証券です。   私は楽天証券で初めて投資信託デビューしました。   もちろん当時は米国株への投 …

【SBI証券】つみたてNISAの積立方法と確認方法

    mktrです。   本日、つみたてNISAの引落日っていつにしたっけ?と気になってSBI証券へログインし、確認しようとしましたが、なかなか見つけることができません …

【ideco(イデコ)】SBI証券(オリジナルプラン)のおすすめ商品ベスト3

※2018年10月13日更新  ※SBI証券では、2005年から提供している現行のプランを「オリジナルプラン」、2018年11月に新たに設定するプランを「セレクトプラン」とし、2つのプランからの選択式 …




株式投資の未来

ジェレミー・J.シーゲル/瑞穂のりこ 日経BP社 2005年11月
売り上げランキング : 3013

by ヨメレバ

 

となりの億万長者〔新版〕

トマス・J・スタンリー/齋藤聖美 早川書房 2013年08月23日
売り上げランキング : 2890

by ヨメレバ

 

千年投資の公理

パット・ドーシー/鈴木一之 パンローリング 2009年01月
売り上げランキング : 13305

by ヨメレバ

 

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

米ドル買付用口座とidecoで利用してます