米国株長期投資でゆっくりお金持ち

米国ETFと個別株への長期投資を通じて、人生を豊かにする為のお金のなる木を育てるブログ

証券会社

【楽天証券】ポイントで投資信託が買えますよ

投稿日:2017年10月10日 更新日:

 

 

楽天証券で投資信託ポイント買付サービスが開始されました。

 

要は、楽天スーパーポイントを投資信託の購入費用の全て、又は一部として充当できるサービスです。
購入できる投資信託は楽天証券で扱っている商品の全てになります。

 

概要

 

具体的にサービスの概要を見てみたいと思います。

サービス概要 
ポイントの利用可能上限30,000ポイント/1注文
100,000ポイント/1ヶ月
※楽天証券ポイントについては利用上限なし
ポイント利用単位1ポイントから利用可能
対象サービス 通常買付(金額指定のみ)
※積立買付・口数指定買付・ジュニアNISA口座での買付は対象外
対象銘柄楽天証券が取り扱っている投資信託
対象ポイント・楽天証券ポイント
・楽天スーパーポイント

但し、以下ポイントの使用は不可
・期間限定ポイント
・他ポイントから交換して保有している楽天スーパーポイント

 

雑感

 

各内容について見ていきます。

 

ポイントの利用可能上限

 

もともと楽天スーパーポイントの1回の利用上限は3万なので、そのまま引き継いでいる印象です。
なので特に問題ないですね。

1か月上限が10万ということですが、皆さんそんなにポイント持ってないでしょ・・・。

 

ポイント利用単位

 

1ポイントから使えるってのも通常の楽天スーパーポイントと同じですね。
非常に利用しやすいので評価できます。

 

対象サービス

 

通常買付で利用できて、且つ全額、一部に充当できるってのは使いがってが良いですね。
むむ、でも口数指定買付や積立買付、ジュニアNISAには使えないようですね。
ていうかNISAには使えるのかな?

 

対象銘柄

 

楽天証券が扱っている投資信託なら全て対象になるようです。
選択の幅が広く非常に良い感じです。

 

対象ポイント

 

あーやっぱりって思いましたが、期間限定ポイントは対象外のようです。
これが使えればかなり良かったなと思いました。
だって使い道なくて失効することが多いですもんね。

 

もう一点気になるのが、「他ポイントから交換して保有している楽天スーパーポイント」が対象外ってことです。
純粋に楽天関連で付与されたポイント以外では、本サービスは利用できないってことですね。
これは非常に残念です。

 

可能であれば、他のポイントを楽天スーパーポイントに移行しようと思ってましたが。

 

まとめると

 

楽天スーパーポイントはポイント業界でもトップクラスの知名度と利用者数があるため、楽天グループだからこそ提供できたサービスだと思います。
おそらくSBI証券、マネックス証券などは追随してこないのでは無いかと思います。
(まー他ポイントサービス会社と提携してくる可能性はあると思いますが)

 

サービスの内容も非常に良いので、私も利用しようと思います。
ちなみに結構ポイント貯まっており、使い道ないなぁって思ってたので非常にありがたいです。

 

しかし、以下2点については改善頂けるとより一層使えるサービスになると思います。

・積立買付でのポイント使用可
・他ポイントから交換したポイントの使用可

 

他ポイントの使用は難しいかもしれませんんが、積立は対応できるんじゃないかなぁって根拠なく思ってます。

-証券会社




株式投資の未来

ジェレミー・J.シーゲル/瑞穂のりこ 日経BP社 2005年11月
売り上げランキング : 3013

by ヨメレバ

 

となりの億万長者〔新版〕

トマス・J・スタンリー/齋藤聖美 早川書房 2013年08月23日
売り上げランキング : 2890

by ヨメレバ

 

千年投資の公理

パット・ドーシー/鈴木一之 パンローリング 2009年01月
売り上げランキング : 13305

by ヨメレバ

 

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031