ビギナー

投資信託の複利効果の考え方

投稿日:2017年11月10日 更新日:

 

私が株式投資を始めるきかっけになったのは、何気なく図書館で手にとった、もはやタイトルも覚えていないような投資信託に関する書籍を読んでからです。

 

それからというもの投資信託に関する書籍やネット情報を読み漁りました。

その中で投資は複利効果が期待できるので、長期保有すれば資産が数倍に膨れ上がると説明されているものが多かったと記憶してます。

 

マジか!これはお金持ちになる正攻法や!っと思い早速、楽天証券の口座を開設し、日経平均株価(日経225)に連動したインデックスファンドの積み立て投資を開始しました。

 

いろいろな書籍やネットの情報から、分配金は再投資することで複利効果が得られると書かれていたので、私もそれに従い「配当再投資」を選びました。

(本当は分配金を一切出さない、より複利効果が高くなるファンドが良いと聞いてたのですが、該当する商品がなかったので諦めました)

 

しかし、当時は投信の分配金ありと分配金なしの複利効果の違いが良く分かっていませんでしたので、今回はこの違いを整理してみました。

 

 

分配金ありの複利効果の考え方

 

例えば基準価額が10,000円の投資信託があり、これを10口所有していると仮定します。

投信評価額合計:10,000円×10口=100,000円

 

投資信託の運用成果10%増により基準価額が11,000円になりました。

投信評価額合計:11,000円×10口=110,000円

 

儲けが出たので投資信託から分配金が1口1,000円が支払われました。

そうすると基準価額1,1000円の投資信託は10,000円になります。

投信評価額合計:10,000円×10口=100,000円

分配金    :1,000円  ×10口=10,000円

 

合計すると110,000円になるので総資産としては分配金前と後では同じ金額です。

※ここでは税金は考慮しません。

 

ここで分配金10,000円を手にしたので、これを再投資します。

そうすると1口増やすことができますよね?

投信評価額合計:10,000円×11口=110,000円

 

そしてまた投資信託の運用成果10%増により基準価額が11,000円になりました。

投信評価額合計:11,000円×11口=121,000円

 

儲けが出たので投資信託から分配金が1口1,000円が支払われました。

そうすると基準価額1,1000円の投資信託は10,000円になります。

投信評価額合計:10,000円×11口=110,000円

分配金    :1,000円  ×11口=11,000円

 

ここで分配金11,000円を手にしたので、これを再投資します。

また1口増やすことができますよね?

投信評価額合計:10,000円×12.1口=121,000円

 

そしてまた投資信託の運用成果10%増により基準価額が11,000円になりました。

投信評価額合計:11,000円×12.1口=133,100円

 

儲けが出たので投資信託から分配金が1口1,000円が支払われました。

 

そうすると基準価額1,1000円の投資信託は10,000円になります。

投信評価額合計:10,000円×12.1口=121,000円

分配金    :1,000円  ×12.1口 =12,100円

計                      :121,000+12,100=133,100円

 

これを繰り返していくと、当初保有していた10口の投資信託が11口、12口とどんどん増加していき、所有している口数が増えれば増える程に分配金の金額も増えていきます。

 

再投資しないで所有していると、10口のままなので分配金は常に同じ金額になります。

投信評価額合計:10,000円×10口=100,000円

分配金    :1,000円  ×10口×3回 =30,000円

計                      :100,000円+30,000=130,000円

 

再投資した場合としない場合で3,100円の差がでたことが分かります。

この差が複利効果です。

 

要は分配金再投資により、投資信託の口数を増やしていくことで複利効果が発揮されることになります。

 

これはイメージしやすいのではないでしょうか?

 

分配金なしの複利効果の考え方

 

分配金ありと同じ条件として、

 

基準価額が10,000円の投資信託があり、これを10口所有していると仮定します。

投信評価額合計:10,000円×10口=100,000円

 

投資信託の運用成果10%増により基準価額が11,000円になりました。

投信評価額合計:11,000円×10口=110,000円

 

分配金を出さない為、基準価額は11,000円のままです。

投信評価額合計:11,000円×10口=110,000円

 

投資信託の運用成果10%増により基準価額が12,100円になりました。

投信評価額合計:12,100円×10口=121,000円

 

分配金を出さない為、基準価額は12,100円のままです。

投信評価額合計:12,100円×10口=121,000円

 

投資信託の運用成果10%増により基準価額が13,310円になりました。

投信評価額合計:13,310円×10口=133,100円

 

分配金ありの場合と最終的に同じ金額になりましたね。

 

要は分配金なしの場合は、基準価額の上昇によって複利効果が発揮されることになります。

 

しかし、基準価額は市場の影響を受けて、上昇したり下落したりするため、この複利効果を実感しずらいのではないでしょうか。

 

 

注意事項

 

  • 今回の説明においては分配金あり、分配金なしの複利効果の説明を簡単にするために税金を考慮してません。実際は分配金に税金約20%が徴収されますので、一般的に分配金なしの方が効率的に複利効果を得られると言われてます。 (例では最終的に同じ金額になってますが、実際は分配金ありの方が税金分少なくなります。)

 

  • 説明上常に投資信託の成長率を10%としてます。実際には基準価額は変動しますのでマイナス成長の可能性もあります。

 

まとめ

 

今回投資信託の複利効果について分配金あり、なしでどのように作用するか説明させて頂きましたが、結局のところ基準価額の変動に影響されてしまいます。

 

現実的にいくら複利効果があるからといって、投資信託購入時より基準価額が下落している時に売却すれば損失が出てしまいます。

 

その為、今回の私の書いた記事の説明や他のネット情報、書籍などのように綺麗な複利効果が確実に得られるものではありません。

 

一般的な複利効果の説明は「長期的にみると市場は右肩上がりに成長していく」という前提条件があるからです。

 

このことを認識した上で、投資することをおすすめします。

 

ちなみに日本株の成長は過去数十年間右肩上がりで成長していません。

しかし、米国は右片上がりで成長してます。

 

 

どちらに投資した方が複利効果があるのか一目瞭然ですね。

-ビギナー

関連記事

ideco(イデコ)、つみたてNISAではじめる!40歳からの退職金づくり

    mktrです。   私は中小企業に勤めてますが、退職金というものが無いです。 一部の大企業では退職金がありますが、中小企業だと退職金が無い方も多いのではないでしょ …

米国株の購入方法③-1 ~ハイブリッド預金からの振替~

    mktrです。   今回は住信SBIネット銀行でドル転を行う方法を書こうと思ったのですが、その前にハイブリッド預金について説明したいと思います。   ※ …

なぜ米国株長期投資なのか整理してみる(1)

    本ブログは自分の投資方針の整理や履歴の為に書くことが目的ということもあり、私がなぜ米国株長期投資を 選定したかについて整理したいと思います。   まずは、米国株長 …

【祝!新入社員】社会人1年目から始める投資で必要なこと

    私は先日初めて自社の新入社員の方とお会いする機会があり、いろいろお話させて頂きましたが、皆さんしっかりされているなぁって印象でした。   なんか先を見越していると …

米国株の購入方法② ~外国株式取引口座開設~

    前回ではSBI証券口座を開設する流れまで説明しました。 現時点でも日本株や投資信託、円建てETFの購入は可能です。   しかし、本ブログの目的は米国株投資なので、 …




株式投資の未来

ジェレミー・J.シーゲル/瑞穂のりこ 日経BP社 2005年11月
売り上げランキング : 3013

by ヨメレバ

 

となりの億万長者〔新版〕

トマス・J・スタンリー/齋藤聖美 早川書房 2013年08月23日
売り上げランキング : 2890

by ヨメレバ

 

千年投資の公理

パット・ドーシー/鈴木一之 パンローリング 2009年01月
売り上げランキング : 13305

by ヨメレバ

 

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

米ドル買付用口座とidecoで利用してます