米国株長期投資でゆっくりお金持ち

米国ETFと個別株への長期投資を通じて、人生を豊かにする為のお金のなる木を育てるブログ

ポートフォリオ

【米国個別株】一般消費財セクターの連続増配・高配当銘柄は?

投稿日:

 

 

mktrです。

 

私のポートフォリオについて以前分析した結果、ヘルスケアセクターと一般消費財セクターが全くないことが分かりました。

 

その為、ヘルスケアセクターについては検討した結果、ジョンソン&ジョンソン(JNJ)とファイザー(PFE)を投資先として選定しましたが、一般消費財セクターについては未だできていなかったので、今回検討したいと思います。

 

 

般消費財セクターETFから選定

 

今回もヘルスケアセクターと同様に各社のセクター別ETFを参考にしたいと思います。

 

ETFの対象はバンガードのVCR、ブラックロックのRXI、スパイダーのXLYです。

 

銘柄選定の方針は以下です。

 

  • 各ETFの保有上位10位の銘柄から選定
  • 単純に全ETFで重複している銘柄を全て抜粋
  • 連続増配銘柄、高配当銘柄の両方、もしくはいずれかであること
  • 最終的に2銘柄に絞込み

 

では各ETFの保有銘柄を見ていきます。

 

バンガード米国一般消費財・サービス・セクターETF(VCR)

 

大好きなバンガード社が扱う一般消費財・サービスセクターのETFです。

 

概要

 

「MSCI USインベスタブル・マーケット・一般消費財・サービス25/50インデックス」のパフォーマンスへの連動目指します。

 

経費率は0.10%と他のセクター別ETFと同じ水準です。

しかし、VTIやVOOなどに比べると少し高めです。

 

 

構成銘柄

 

 

Amazon(AMZN)が12.1%と大きな割合を占めてます。

次にHome Depot Inc(HD)が6.1%、Comcast Corp(CMCSA)が5.6%と続いてます。

 

個人的にはヘルスケアセクターと異なり、一見すると様々な業種が混在しているように思いますね。

大雑把に言えば、小売業(通信販売含む)と娯楽で形成されているみたいです。

 

 

iシェアーズ グローバル一般消費財 ETF(RXI)

 

ブラックロック社が扱う、一般消費財のETFです。

 

概要

 

「S&P Global 1200 Consumer Discretionary Sector Index(TM)」のパフォーマンスへの連動目指します。

バンガード社のVCRと大きく異なるのは、全世界の一般消費財セクターを対象としたインデックスというところです。

VCRは米国だけ対象です。

 

概要に記載がないですが、経費率は「0.48%」でVCRに比べると高いです。

 

構成銘柄

 

こちらも上位3銘柄はAmazon(AMZN)が10.1%、Home Depot Inc(HD)が4.83%、Comcast Corp(CMCSA)が4.20%と続いてます。

全世界対象ということもあり、日本のトヨタ自動車も上位組入れ銘柄になってますね。

 

一般消費財セレクト・セクター SPDRファンド (XLY US)

 

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズが扱う、一般消費財セクターのETFです。

 

概要

 

ベンチマークは「一般消費財セレクト・セクター指数」でVCRとは異なるようです。

しかし、VCRとXLYはアメリカのみ対象としているところは同じようです。

 

一般消費財セレクト・セクターが該当する業種について、具体的に記載されてました。

以下抜粋です。

 

一般消費財セレクト・セクター指数は、以下に記載する産業分類の企業を含みます: 自動車部品、自動車、家庭用耐久財、レジャー用品、繊維・アパレル・贅沢品、ホテル・レストラン・レジャー、各種消費者サービス、メディア、小売(販売、インターネット販売・カタログ販売、複合小売り、専門小売り)

 

一般消費財セクターに該当する業種は多義にわたるようですね。

 

経費率は0.14%と低いですが、VCRよりは若干高いです。

 

構成銘柄

 

上位3位はやはり変わりませんね。

 

VCRとの違いとしては、

 

  • VCRは「Time Warner」と「Charter Communications」が上位に組み込まれている。
  • XLYは「NIKE Inc. Class B」と「Lowe’s Companies」が上位に組み込まれている。

 

といったところで、そう大差はないようです。

 

選りすぐりの全7銘柄が決定

 

選定基準に従い、全てのETFで重複していた7銘柄をチョイスしました。

また、各銘柄の連続増配年数、配当利回りを整理し、この中から絞り込んでいきます。

 

銘柄ティッカー株価連続増配年数配当利回りPER
Amazon.com IncAMZN1,141--290.48
Home Depot IncHD179.8281.9824.94
Comcast CorpCMCSA37.54101.6817.71
Walt DisneyDIS37.5481.6018.45
McDonald's CorpMCD171.97422.3524.82
Priceline Group IncPCLN1,724--24.19
Starbucks CorpSBUX57.8282.0829.35

 

連続増配銘柄は?

 

1位:McDonald’s Corp

2位:Comcast Corp

3位:Home Depot Inc、Walt Disney、Starbucks Corp

 

McDonald’s(MCD)が断トツの42年で連続増配の配当貴族です。

2位以下は10年以内となっており、横並びです。

 

高配当銘柄は?

 

1位:McDonald’s Corp

2位:Starbucks Corp

3位:Home Depot Inc

 

高配当でもMcDonald’s(MCD)が1位です。

その他銘柄は3位でも1%台と高配当銘柄は少ないなぁって印象です。

 

まとめ

 

一般消費財セクターを整理した結果以下のことが分かりました。

※各ETF上位10銘柄の結果です。

 

  • 連続増配銘柄が少ない
  • 高配当銘柄が少ない
  • PERが高く、グロース株が多い(AMZN、PCLN等)

 

今回の検討で2銘柄選定しようとしてましたが、私の投資方針である連続増配・高配当銘柄の該当が少ないので、一般消費財セクターからは1銘柄だけチョイスしたと思います。

 

というか、答えは1つ「McDonald’s(MCD)」決まりです。

 

しかし、配当利回りは2%台と高くはないので様子を見て買付していきたいと思います。

 

今回の調査の結果、過去リターンの大きかった各セクターから2銘柄選ぶつもりでしたが、1銘柄だけのセクターも考慮し、セクター別のポートフォリオを作成しようと思いました。

 

 

-ポートフォリオ




株式投資の未来

ジェレミー・J.シーゲル/瑞穂のりこ 日経BP社 2005年11月
売り上げランキング : 3013

by ヨメレバ

 

となりの億万長者〔新版〕

トマス・J・スタンリー/齋藤聖美 早川書房 2013年08月23日
売り上げランキング : 2890

by ヨメレバ

 

千年投資の公理

パット・ドーシー/鈴木一之 パンローリング 2009年01月
売り上げランキング : 13305

by ヨメレバ

 

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031