投資のヒント

【米国高配当株ETF】VYMとHDVを3項目で比較してみた

投稿日:

 

私はバンガード・米国高配当株式ETFに投資しています。

 

なぜかと言うと、

 

  • バンガードが好き
  • 高配当銘柄が好き

 

だからです。

 

これを満たしてくれるのが、米国高配当株式ETFなんですね。

 

しかし、高配当銘柄を集めたETFなのですが、現在の配当(分配金)利回りは2.7~2.8%程度です。

低くもないですが、高配当でもないですよね?

 

その為、最近VYMより良いETFがないものかと考えていたところ、多くのブロガーさんがHDVを保有していることに気づいたのです。

 

そして、配当(分配金)利回りが3.4~3.5%程度だということも・・・・。

 

という訳で、今回はHDVについて調査し、VYMと比較/検討したいと思います。

 

基本情報

 

まずは基本情報で比較したいと思います。

基本情報で特に重要なのは、経費率でしょうか。

 

VYM

 

バンガード社が販売している米国高配当株式ETFです。

 

ベンチマークはFTSE ハイディビデンド・イールド・インデックスで、設定日は2006/11でリーマンショックよりも前に登場したETFです。

 

経費率は0.08%と一般的には低いですが、バンガード社のVTIやVOOに比べると若干高い水準ですね。

 

HDV

 

 

ブラックロック社が販売している米国高配当株式ETFです。

 

ベンチマークはモーニングスター配当フォーカス指数で、設定日は2011/3でリーマンショック後に販売されたETFです。

 

経費率は0.08%です。

 

評価

 

  • 経費率についてはVYM、HDV共に0.08%であり、差は無し
  • 異なる点は連動するベンチマークと設定日ぐらい
  • VYMの方が設定日が古いので実績があると言える

 

保有銘柄とセクター

 

保有銘柄とセクターについて確認していきます。

基本情報の通り、連動するベンチマークが異なりますので、ここで各ETFの違いが出てくると想像できます。

 

VYM

 

VYMの保有銘柄数は約400銘柄です。

 

保有銘柄の上位3位がマイクロソフト(MSFT)、ジョンソン&ジョンソン(JNJ)、エクソンモービル(XOM)となってます。

上位10位で占める割合が30%程度です。

 

高配当銘柄のETFですが、1位のマイクロソフトの配当利回りは2%以下で、ジョンソン&ジョンソンは2.5%程度と配当利回りの低い銘柄が上位にいます。

 

セクター別ではテクノロジーが1位で、次に2位金融、3位ヘルスケアと続いてます。

こちらは上位3位で40%を占めてます。

 

HDV

 

 

HDVの保有銘柄数は78銘柄です。

 

保有銘柄の上位3位がAT&T(T)、エクソンモービル(XOM)、ベライゾン(VZ)となってます。

 

上位10位で占める割合が60%以上とメチャ高いのも特徴的ですね。

また、上位3位の配当利回りは平均で約4.7%と高配当銘柄です。

 

VYMで上位のマイクロソフト(MSFT)、ジョンソン&ジョンソン(JNJ)がHDVの保有銘柄に入っておりません。

同じ米国株高配当ETFでも違いが鮮明に出ています。

 

 

セクター別では1位生活必需品で、次に2位エネルギー、3位電気通信となってます。

こちらは上位3位で54%を占めてます。

 

VYMの上位3位の占める割合は40%程度でしたので、HDVの方がより集中的(攻撃的)なポートフォリオと言えそうです。

 

また、VYMで上位のセクターであった、テクノロジー(情報技術)、金融、ヘルスケアは上位ではありませんが、占める割合は30%と意外に高く、上位3位と合わせると全体の85%になります。

 

これは、それ以外のセクターの割合が低く、悪く言えば分散が効いていないことになります。

(良く言えば上記の通り、集中投資していることになります。)

 

評価

 

  • VYMは保有銘柄数が約400で、1銘柄/セクター辺りの保有率が小さく、分散投資型である
  • HDVは保有銘柄数が78で、1銘柄/セクター辺りの保有率が大きく、集中投資型である
  • VYMの保有上位3銘柄の配当利回りは約2.8%
  • HDVの保有上位3銘柄の配当利回りは約4.7%

 

パフォーマンス

 

VYM,HDVの設定来、直近5年のチャートです。

青色の線がVYM、オレンジ色の線がHDVになります。

 

設定来

 

設定来のパフォーマンスはVYMは+68.53%、HDVは+69.78%と僅かにHDVの方が高いですが、大差は無いようです。

 

HDVはリーマンショック後に販売された商品の為、設定来右肩上がりですね。

 

5年

 

直近5年のパフォーマンスはVYMが+57.16、HDVが+34.85%とVYMの方が高いです。

 

これはVYMは絶好調のテクノロジー比率が高く、低迷中のエネルギー、電気通信比率が低いですが、逆にHDVは電気通信、エネルギー比率が高く、テクノロジー比率が低いことが原因と考えられます。

 

チャートを見ると、2017年を境に差が顕著になっていますね。

そう、2017年はテクノロジー銘柄が高騰した年であり、エネルギー、電気通信が低迷した年だからです。

 

評価

 

  • 設定来ではパフォーマンスに大差はなし
  • 直近5年ではVYMの方がパフォーマンスが高い

 

結論

 

上記3項目から、総合的に評価しますと、

 

  • YVMは分散投資型。市場平均への連動性は比較的強いが、配当利回りは低め
  • HDVは集中投資型。市場平均への連動性は比較的弱いが、配当利回りは高め

 

と言えそうです。

 

と、VYM、HDVの特徴を確認してきましたが、結論として私はHDVには投資しないことにします。

 

理由はHDVの上位銘柄は個別投資している銘柄と重複しているからです。

 

具体的にはT、XOM、PFE、PM、PGですので、上位10位中半分は既に投資しているか、これから投資予定の銘柄になります。

 

その為、HDVに投資するならこれら個別銘柄に投資すればいいかなと。

 

最後に

 

私は上記理由でHDVへの投資を見送りましたが、HDVはVYMより「米国高配当株式ETF」と言える、非常に良い商品だと思います。

 

それはHDVはVYMに比べ、高配当銘柄へ集中的に投資しているので、個人投資家はHDVだけ保有していれば高配当銘柄を買い集める必要がないからです。

 

ETFは良い商品が多いので、最近は個別銘柄を保有する必要が無い気がしてきますね・・・。

 

まー、ただ面白いので個別株への投資はやめませんけど。

 

 

 

-投資のヒント

関連記事

【必見】amazon Prime Readingで価値ある投資関連書籍が無料で読めますよ。

    amazonプライム会員必見!   Prime Readingで著名な投資関連書籍(Kindle版)が無料で読めます。 ※2018年5月3日現在   以 …

【SBI証券】米国株式/米国ETF定期買付サービスを設定してみました&手数料の件

    先日記事にさせて頂きました、米国株式/米国ETF定期買付サービスが3/10に開始されましたので、早速設定してみました。    米国株長期投資でゆっくりお …

【楽天証券】ポイント利用の投信積立を設定しました。

  2018年9月30日より楽天証券でポイントを利用した投信積立が利用可能となりました。   私は楽天ポイントが結構余っていることもあり、ポイント投資は何度か実施してます。 しかし …

【SBI証券】米国株式/米国ETF定期買付サービス開始!

  SBI証券がついに、「米国株式/米国ETF定期買付サービス」を開始しました。   そのままですが、米国株と米国ETFを定期的に自動で買付してくれるサービスです。   …

【米国株】連続増配高配当20銘柄と配当月(2018年8月版)

    私は連続増配高配当銘柄を好む投資家です。   しかし、実際のところ連続増配最長銘柄が何なのかも答えられない無知な私。   そのため、選択肢を増やすべく、 …




株式投資の未来

ジェレミー・J.シーゲル/瑞穂のりこ 日経BP社 2005年11月
売り上げランキング : 3013

by ヨメレバ

 

となりの億万長者〔新版〕

トマス・J・スタンリー/齋藤聖美 早川書房 2013年08月23日
売り上げランキング : 2890

by ヨメレバ

 

千年投資の公理

パット・ドーシー/鈴木一之 パンローリング 2009年01月
売り上げランキング : 13305

by ヨメレバ

 

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

米ドル買付用口座とidecoで利用してます