米国株長期投資でゆっくりお金持ち

米国ETFと個別株への長期投資を通じて、人生を豊かにする為のお金のなる木を育てるブログ

投資方針

ドル転の方法について

投稿日:2017年10月4日 更新日:

 

 

今回のテーマは米国株投資に必要な作業である「ドル転」についてです。

 

ドル転とは?

 

 

投資家が手持ちの円通貨を米ドルに転換して、米ドルで資金運用すること。

 

 

日本円をドルに交換することです。海外旅行へ行く時に円をドルに換える行為と同じです。
この行為を「ドル転」と言ってます。

 

なぜドル転が必要なのか?

 

私も米国株を初めて買う時に知ったのですが、米国株は日本円のままでは購入することはできません。
考えれば当たり前ですが、米国株はドルで購入します。

 

但し、証券会社によっては米国株購入時に口座に日本があれば「円貨決済」という形で購入可能です。
円貨決済は円で米国株を購入しているように感じますが、実際はドルに換えて、そのドルで購入してます。その為、為替手数料が引かれます。

 

 

ドル転のタイミングは?

 

米国株を購入する際には、2つのタイミングを考える必要があります。
それは「株購入」と「ドル転」です。

 

株購入は株価を意識しますし、ドル転は為替を意識します。
日本株の場合は株価だけ意識していればいいので、日本株に無い難しさだと思います。

 

私も当初は為替を強く意識していて、円高なったところを見計らってドル転してました。
しかし、そうしている間に欲しい銘柄の株価が上がってしまい投資機会を失うことがありました。

 

そもそも私は米国株投資をしている訳で、FXをしている訳ではありません。
為替で勝つことは非常に難しく、為替で儲けようとなど考えることが間違いと気づきました。

 

で、どうしたのか?

 

私はSBI証券を利用しており、関連銀行のSBIネット銀行でドル転してます。
なぜなら為替手数料が1米ドル辺り4銭と安いからです。

 

また、SBIネット銀行では「外貨積立」ができます。
外貨積立の利点としては、

 

  • 最低500円から積立可能
  • 為替手数料が2銭(※2018年4月よりに改定されました。)
  • 毎日、毎週、毎月を指定して積立可能
  • 為替レートに関わらず、一定の購入金額・頻度で購入できる

 

になります。

 

特に為替を意識せずにドルコスト平均法で購入することができるので、ドル転を見計らう必要はなく、指定したスケジュールに沿って自動でドル転してくれるので非常に使い勝手が良いですね。

 

これは単純に平均購入単価を平準化できるのもメリットですが、精神衛生上良いと思ってます。

 

そうです。2つのタイミングを考慮せず、株購入にだけ専念することができるからです。

 

ちなみに私は週に1度3万円をドル転する設定にしてます。
大体月に12万~15万がドル転され、そのドルを元にSBI証券で米国株を購入しています。

 

手順は別の記事にしてますので、参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

 

↓関連記事です。

 

SBI証券を使用している理由について書いてます。

 

外貨積立ではないですが、住信SBIネット銀行でドル転する方法を書いてます。

 

-投資方針




株式投資の未来

ジェレミー・J.シーゲル/瑞穂のりこ 日経BP社 2005年11月
売り上げランキング : 3013

by ヨメレバ

 

となりの億万長者〔新版〕

トマス・J・スタンリー/齋藤聖美 早川書房 2013年08月23日
売り上げランキング : 2890

by ヨメレバ

 

千年投資の公理

パット・ドーシー/鈴木一之 パンローリング 2009年01月
売り上げランキング : 13305

by ヨメレバ

 

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031