米国株長期投資でゆっくりお金持ち

米国ETFと個別株への長期投資を通じて、人生を豊かにする為のお金のなる木を育てるブログ

ビギナー

【住信SBIネット銀行】定額自動入金サービスと外貨積立で自動でドル転する方法②

投稿日:2017年11月1日 更新日:

 

mktrです。

 

前回に引き続き定額自動入金サービスと外貨積立で自動で米ドルを増やしていく方法の続きです。

 

今回は外貨積立について順を追って説明させて頂きたいと思います。

 

外貨積立について

 

外貨積立は指定した金額を指定した頻度で自動的に積立可能なサービスです。

 

具体的には、毎週金曜日に1万円分の米ドルを自動で購入することができます。

 

外貨積立の特徴と利点

 

  • 最低500円から1円刻みで購入可能
  • 毎日、毎週、毎月単位で積立頻度の指定が可能
  • ドルコスト平均法による、購入レートの平準化が可能

 

特に私が以前の記事に書かせて頂いた通り、一定間隔で一定金額のドル転をすることで、時間分散による購入レートの平準化が自動でできることが非常に良い点だと思ってます。

 

購入レートの平準化とは、例えば1度に100万円を為替レート1ドル=100円で購入した場合は

 

1ドル=100円: 1,000,000 ÷100=10,000ドル になります。

 

これを、20万ずつ5回に分けて購入し、各購入時の為替レートが異なる場合は

 

1ドル=110円: 200,000 ÷110=1,818ドル

1ドル=100円: 200,000 ÷100=2,000ドル

1ドル=  90円: 200,000 ÷90  =2,222ドル

1ドル=  95円: 200,000 ÷95  =2,105ドル

1ドル=105円: 200,000 ÷105=1,905ドル

 

上記を全て加えると総額10,050ドルとなります。

 

数回1ドル=100円より為替が円安に振れることもありますが、一度に交換するよりも結果的に50ドル取得する額が増えることになりましたね。

 

これは円安の時には購入できるドルは少ないですが、円高の時には購入できるドルが多くなる為、平均して取得価格を平準化できる為になります。

 

外貨積立の設定方法

 

それでは実際に外貨積立の設定をしていきたいと思います。

 

 

 

住信SBIネット銀行にログインし、上部の「外貨・FX・純金積立」タブをクリックします。

 

 

表示されたページ中央部右側の「外貨積立」ボタンをクリックします。

 

 

 

外貨積立の画面が表示されますので、「外貨積立申込」ボタンをクリックします。

 

 

 

①買付通貨

買付する通貨を選択します。

米ドル以外にもユーロやポンド、豪ドルなど様々な通貨の積立も可能です。

今回は米ドルを選択します。

 

②1回あたりの買付金額

今回は10,000円を指定しました。

 

③買付頻度

買付頻度を毎日、毎週、毎月で選択します。

頻度が多い程、時間的な分散は効きます。

今回は毎週を指定しました。

 

④買付日指定

買付する日程を指定します。買付頻度で指定した内容により異なります。

「毎日」を指定した場合 :本項目は表示されません。

「毎週」を指定した場合 :月曜日~金曜日を選択。

「毎月」を指定した場合 :1日~31日を選択。

 

今回は金曜日を選択しました。

 

④購入上限レート

指定した場合、指定した上限レート以上に円安になると買付停止にしてくれる設定です。

 

今回は120.00ドルとしました。

 

 

※ここには表示されておりませんが、「買付頻度」で「毎月」を選択した場合は、特定の月に「増額月」を2回設定できます。

ボーナス月など通常の積立より増額したい場合に使用します。

 

 

全内容を入力完了したら「確認」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

確認画面が表示されるので、内容確認しWEB取引パスワードを入力し、「確認」ボタンをクリックします。

 

 

 

以上で外貨積立設定は完了です。

 

 

外貨積立画面の「申込内容照会」をクリックしますと、先程設定した内容が確認できます。

 

 

 

最後に

 

以上で定額自動入金サービスと外貨積立と使用した自動でドル転する方法は終わりです。

 

あくまでもこの方法は為替を意識したくない私が、米ドルの平均取得単価を平準化する為の手段として利用しているだけなので、確実に良い方法という訳ではございません。

 

為替を予測してマーケットを出し抜く力がある方は、タイミングを見計らってドル転した方が良いかと思います。

但し、ドル転のタイミングを見計うことによる機会損失の可能性もありますので気をつけて下さい。

 

 

私にはマーケットを出し抜く力はなさそうなので、引き続き積立を利用していきます。

 

 

-ビギナー




株式投資の未来

ジェレミー・J.シーゲル/瑞穂のりこ 日経BP社 2005年11月
売り上げランキング : 3013

by ヨメレバ

 

となりの億万長者〔新版〕

トマス・J・スタンリー/齋藤聖美 早川書房 2013年08月23日
売り上げランキング : 2890

by ヨメレバ

 

千年投資の公理

パット・ドーシー/鈴木一之 パンローリング 2009年01月
売り上げランキング : 13305

by ヨメレバ

 

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930