配当金

【米国株】2022月4月の配当金

投稿日:

 

2022年4月の配当金実績です。

 

アルトリアグループ、フィリップモリス、シスコシステムズ、コカ・コーラの4社から配当金を受取りました。

手取り配当金は150.32ドルで日本円にすると約19,541円(1$=130円)でした。

 

ドルベースだと少なく感じますが、円安の影響により円だと2万円に届きそうでした。

 

2022年の配当金状況

 

前年同月比を確認すると、約7%増の+10.23ドルでした。

同銘柄の前回配当月である2022年1月比では、約10%減の-17.86ドルでした。

 

前年比でたったの10ドルしか増加していません。

ちょっと残念な結果ですが、全て配当再投資+増配によるものなので、元手は一切かかってないのに10ドルも増えたと考えることもできます。

 

前回配当比だとマイナスですが、前回はNGGで、今回はKOがあったため、この配当額の差がマイナスになったものです。

MO、PM、CSCOだけであれば、4月の方が1ドル多かったです。

 

個別株の配当金推移

 

個別株の配当状況について確認していきます。

 

アルトリアグループ

累積配当金額 :785.86ドル

 

MOの株価が比較的好調だったので1月の配当金を再投資せず、他の銘柄に投資してしまったため、配当金は殆ど増えてません。

今回の配当金はMOかPMに再投資予定。

 

フィリップモリス

累積配当金額 :580.89ドル

 

MO同様に比較的株価が好調ですね。

今回再投資の1番候補です。

 

シスコシステムズ

累積配当金額 :181.34ドル

 

いつも売却を考えていますが数少ない1,4,7,10月銘柄のため、何となく保有中。

ただ今回配当金が増えているので、増配したみたいです。

 

コカ・コーラ

累積配当金額 :236.64ドル

 

最近のKOの株価は特に好調。

PERは27倍程度の水準で配当利回りは2.7%とあまり投資妙味はないので、再投資はしないかな・・・。

 

こちらも配当額が増えていることが確認できます。

しかも増配率が3%と大きいすね。さすがです。

 

最後に

 

前年比で約10ドルしか増えてませんでしたが、この10ドルは配当から配当を生んだ分であり、複利効果の賜物。

引き続き配当再投資により、小さい雪だるまを少しずつ大きくしていきます。

 

 

 

↓合わせて読んで頂きたい記事です。

 

先月(2022年3月)の配当金について書いた記事です。

 

-配当金




株式投資の未来

ジェレミー・J.シーゲル/瑞穂のりこ 日経BP社 2005年11月
売り上げランキング : 3013

by ヨメレバ

 

となりの億万長者〔新版〕

トマス・J・スタンリー/齋藤聖美 早川書房 2013年08月23日
売り上げランキング : 2890

by ヨメレバ

 

千年投資の公理

パット・ドーシー/鈴木一之 パンローリング 2009年01月
売り上げランキング : 13305

by ヨメレバ

 

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031