米国株長期投資でゆっくりお金持ち

米国ETFと個別株への長期投資を通じて、人生を豊かにする為のお金のなる木を育てるブログ

ビギナー 売買履歴 投資のヒント

ドル転には外貨積立がおすすめな理由

投稿日:2018年1月26日 更新日:

 

 

今週、ムニューシン米財務長官のドル安容認ともとれる発言の反応から、一時108円を割り込み円高ドル安となりました。

また、黒田総裁の出口戦略の否定とも取れる発言も後押ししたかもしれません。

 

現在の水準は2017年8~9月頃となりますので、半年ぶりの円高になります。

 

その為、米国株投資家の皆さんは今週はドル転に精を出しているのではないでしょうか?

 

そんな私も米国株投資家の端くれとして、ドル転を実施しました。

 

ドル転の結果と反省点

 

結果発表

 

2018年1月にドル転した結果です。

 

 

 

赤で囲った部分が、自分の判断でドル転した日になります。

ビビりなので1回でドンと買付せずに、4回に分けてドルを買付しました。

 

それ以外の買付は外貨積立によるものです。

私は毎週月曜日に3万円を買付する設定にしており、月に約12万円分のドルを取得し、それを米国株購入に充ててます。

 

上記を合計すると計52万円分を今月だけでドル転したことになります。

 

反省点

 

そもそも今月だけで50万円分もドル転するつもりは無かったです。

 

しかし、ドルを買付しては下がり(円高になり)、また買付すれば下がるという状況に完全にハマり、結果的に4回の買付をすることになってしまったのです。

 

長期的に見れば、円安ドル高になるだろうと考えているので、買付額(平均すると110.5円程度)についてはそれ程悲観していないのですが、今回の私の行動がちょっと良くなかったなと・・・。

 

完全に欲が出てしました。

 

以下の為替チャートを見て下さい。

出典:moneykit

 

 

現在、ドル/円が約109円程度ですが、この水準は2017年4月、2017年9月と同じです。

チャートを見ると約半年間隔で108円~114円のボックス相場になっていることが分かります。

 

このことから、今回の円高も恐らく緑線の抵抗線が意識され、また反発すると予想できます。

 

冷静に観察していれば、108円くらいの水準まで下がる可能性が高いと想定できたのではないかと思います。

 

やはりドル転は外貨積立が良いと思う

 

と、FX投機家のような分析をしてみましたが、こんな予想は当たるかどうか分かりません。

また、ゼロサムゲームである為替には興味がないというのが正直なところ。

 

ほぼほぼ運だと思いますしね。

 

しかし、今回のことで私の欲深さと、相変わらずなタイミングの悪さを再認識することができました。

 

欲深さとタイミングの悪さを解決できるもの、それは

 

決められた額を決められたタイミングで自動で行うこと

 

です。

 

これができるのがSBI証券(住信SBIネット銀行)の外貨積立なんですね。

 

詳しくは↓の記事に書いてます。

 

 

 

最後に

 

私はドル転を基本的には外貨積立で行ってます。

 

しかし、現金比率が高いこともあり、現在は毎月約12~15万を追加投資してます。

その現金のドル転は外貨積立ではなく、自分の判断で行っている状況であり、今回反省するきっかけとなりました。

 

その為、今後はこのドル転も外貨積立にしていこうかなと思いはじめてます。

 

具体的には、

 

「毎週月曜日に3万円を外貨積立」から「毎週月、水に3万円を外貨積立」に変更するなどです。

 

とはいえ、全部自動化してしまうと面白さはなくなるんですよね・・。

 

 

 

↓関連記事になります。よろしければご覧下さい。

 

ドル転の基本方針について書いてます。

 

 

 

-ビギナー, 売買履歴, 投資のヒント




株式投資の未来

ジェレミー・J.シーゲル/瑞穂のりこ 日経BP社 2005年11月
売り上げランキング : 3013

by ヨメレバ

 

となりの億万長者〔新版〕

トマス・J・スタンリー/齋藤聖美 早川書房 2013年08月23日
売り上げランキング : 2890

by ヨメレバ

 

千年投資の公理

パット・ドーシー/鈴木一之 パンローリング 2009年01月
売り上げランキング : 13305

by ヨメレバ

 

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031