米国株長期投資でゆっくりお金持ち

米国ETFと個別株への長期投資を通じて、人生を豊かにする為のお金のなる木を育てるブログ

配当金

【米国株】2018年4月の配当金(MO、PM)

投稿日:2018年5月2日 更新日:

 

2018年4月の配当金を頂きましたのでご報告です。

 

銘柄名ティッカー数量配当金金額($)受取金額($)
アルトリア グループMO2517.5012.61
フィリップ モリスPM1010.708.55
合計21.16

 

2018年1月に引き続き、アルトリアグループ(MO)、フィリップ モリス インターナショナル(PM)のタバコ企業2社から受取りました。

 

手取り配当金は21.16ドルで日本円にすると約2,306円(1$=109円)になります。

 

前回より1ドル程度微増しました(>_<)

 

2018年度の配当金状況

 

2018年度初の配当金になります。

 

2017年度の4月には配当金が無かったことを考えると、微々たる収入ではありますが、1年で毎月配当金が受け取れる仕組みを作れたことが、一番大きな成果ですね。

 

PMを買い増しによる配当増を期待

 

前回記事にさせて頂きましたが、2018年4月はPMを14株(約1,165ドル)程買い増ししました。

現在の配当利回りは5%程度です。

 

その為、今回の買付により(1,165ドル×5%)×0.8=46.6ドル(年間)が配当に上乗せされる見込みです。 ※0.8は税金です。

 

これを単純に4半期で割ると、11.65ドルになりますので、次回配当は約32.8ドルくらいになりそうです。

 

ゆっくりではありますが、毎月の配当が増えていくのがとても楽しいですね。

 

とりあえずは、毎月100ドルの配当を目指してますので、4月配当については、引き続きPM、MOを買い増ししていくか、4月配当の新規銘柄を買付けていくことになります。

 

4月配当の銘柄では、コカ・コーラ(KO)、ウォルマート(WMT)などが有力候補になりそうです。

 

7月はWBKの初配当が入りそう

 

以下記事を見直していて気づいたのですが、7月は昨年仕込んだWBKの初配当が受け取れそうです。

 

 

WBKは買付後に株価がダダ下がりしており、含み損を抱えている状況なので、早く配当を受け取って満足したい・・・。

 

しかも、WBKは年2回配当だし、NISA口座+外国税フリーなので、一回当たりの配当金は期待大です。

 

出典:dividend.com

 

上記サイトによれば、1株辺り約0.7ドルと考えられるので、私が所有している110株で考えると、77ドルになりますね。

 

PMの増加分を考えると、100ドルいきそう(^^)/

 

とわいえ、WBKは1月、7月が配当月になります。

 

それだと4月、10月の配当金は100ドルに届きそうにありませんので、毎月100ドルを達成する為には、まだまだ時間がかかりそうです。

 

それにしてもWBKの配当は、高利回り(現在6.46%)、外国税フリーな点を考慮すると、投資妙味がありそうです。

 

 

 

↓関連記事です。

 

先月(2018年3月)の配当金です。

この月はETFの配当金もあるので、100ドル達成に一番近そうです。

 

WBKを買付した記事です。

NISA口座枠を使う為に、高値で買付てしまいました・・・。

 

-配当金




株式投資の未来

ジェレミー・J.シーゲル/瑞穂のりこ 日経BP社 2005年11月
売り上げランキング : 3013

by ヨメレバ

 

となりの億万長者〔新版〕

トマス・J・スタンリー/齋藤聖美 早川書房 2013年08月23日
売り上げランキング : 2890

by ヨメレバ

 

千年投資の公理

パット・ドーシー/鈴木一之 パンローリング 2009年01月
売り上げランキング : 13305

by ヨメレバ

 

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031