配当金

【米国株】2020月9月の配当金(IBM,RDS,XOM,JNJ,MMM,MCD,MSFT,VT,VYM.VTI,SPYD,VUG)

投稿日:

 

2020年9月の配当金を頂きました。

 

銘柄名ティッカー数量配当金金額($)受取金額($)
インターナショナル ビジネス マシーンズIBM3048.9044.01
エクソン モービルXOM7060.9043.79
ロイヤル ダッチ シェル BRDSB206.405.13
ジョンソン & ジョンソンJNJ3333.3323.97
スリーエムMMM2435.2825.34
マクドナルドMCD1012.509.00
マイクロソフトMSFT73.572.59
バンガード トータルストックマーケットETFVTI162109.2078.47
バンガード米国高配当株ETFVYM12286.0561.88
バンガード トータル ワールド ストックETFVT9337.4326.93
バンガード 米国グロースETFVUG31.220.90
SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETFSPYD7419.5014.05
合計454.28336.06

 

今回もIBM、エクソンモービル、ロイヤルダッチシェル、ジョンソン & ジョンソン、スリーエム、マクドナルド、マイクロソフト7社と、VTI,VT,VYM,SPYD,VUGから配当金を受取りました。

 

手取り配当金は336.06ドルで日本円にすると約35,300円(1$=105円)となり、最高額を更新しました。

 

コロナの影響により、ETFの分配金が減配となったので厳しいかと思いましたが、何とか記録更新です。

 

2020年の配当金状況

 

 

前年同月比では約32%増の+108.01ドルでした。

同銘柄の前回配当月である2020年6月比では、約5.7%増の+19.33ドルでした。

 

前年比では大幅増であるものの、前回配当比だとあまり変わってませんね。

やはりETFの減配が効いてるようです。

 

コロナ以降はVTIとVYMを積極的に買増していたので、今回の配当は楽しみだったんですが・・・。

 

個別株の配当金推移

 

2020年9月の個別配当金を確認。

今回も銘柄数が多いので、必要な銘柄だけコメントします。

 

IBM

 

累積配当金額 :594.54ドル

 

エクソンモービル

 

累積配当金額 :323.51ドル

 

株価は想像以上に下落しており、正直保有しているのがしんどい銘柄です。

今回は減配なしでしたが、いつ減配/無配になってもおかしくないですね。

 

ちなみに今年の損出し候補です。

 

ロイヤルダッチシェルB

 

累積配当金額 :175.68ドル

 

既に前回配当で減配となったRDSBですが、損出しというか損切りしようか迷ってます。

まー、たいした額ではないので、このまま保有続けて再起に期待し、最悪0になっても構わないかなという気持ちもありますね。

 

ジョンソン&ジョンソン

 

累積配当金額 :168.07ドル

 

スリーエム

 

累積配当金額 :117.7ドル

 

マクドナルド

 

累積配当金額 :18.01ドル

 

 

マイクロソフト

 

累積配当金額 :5.18ドル

 

VTI

 

累積配当金額 :447.81ドル

 

以下VTIの配当履歴ですが、今回の分配金がまだ反映されてませんでした。

その為、SBI証券の電子交付サービスを確認したところ1株辺りの分配金は「0.6741ドル」なので、前回、前年比の約3.7%減(-0.0259ドル)からであることが分かります。

 

 

もし同様に0.7ドルであれば、手取りが約81ドル程度だったと想定されますので、その差は約3ドル。

VTIの分配金減はそれほど影響なかったですね。

 

VYM

 

累積配当金額 :329.69ドル

 

VYMは株価も低迷もあり、分配金が大きく減配となってます。

前回比で約16%減(0.132ドル)、前年比で約10%減(-0.081ドル)でした。

 

前回の分配金額であれば、手取りで約73ドルでしたので、10ドル以上の差が出たことになります。

次回配当も減配の可能性が高いので、VYM信者としては辛い期間となりそうです。

 

 

VT

 

累積配当金額 :192.76ドル

 

SPYD

 

累積配当金額 :39.68ドル

 

減配を発表したSPYDですが、実際に確認してみると、前回比で約28%減(-0.102ドル)、前年比では約41%減の(-0.184ドル)と大幅減配でした。

一応、前回受取配当額を上回っていますが、前年の分配金額であれば手取り約24ドルでしたので、ここでも10ドルの差が出ていたことになります。

 

 

私は保有数が少ないのでそれほど影響なかったですが、SPYDの保有数が多い投資家への影響はご察しします。

 

VUG

 

累積配当金額 :0.9ドル

 

VUGから初の分配金を頂戴しました。

雀の涙程度ですが、キャピタル目的なので特に問題ありません。

 

 

最後に

 

2020年9月の配当金は、ETFの減配のせいで想定より少なくなりましたが、それでも最高額を更新しました。

 

既に次回も減配を発表しているETFもあり、個別株も減配する可能性(特にXOM)もありますので、引き続きインカム投資家としては苦しい状況が続きそうです。

 

 

 

 

↓合わせて読んで頂きたい記事です。

 

前回2020年8月の配当金について書いた記事です。

 

同銘柄の前回配当月(2020年6月)の配当金について書いた記事です。

 

-配当金




株式投資の未来

ジェレミー・J.シーゲル/瑞穂のりこ 日経BP社 2005年11月
売り上げランキング : 3013

by ヨメレバ

 

となりの億万長者〔新版〕

トマス・J・スタンリー/齋藤聖美 早川書房 2013年08月23日
売り上げランキング : 2890

by ヨメレバ

 

千年投資の公理

パット・ドーシー/鈴木一之 パンローリング 2009年01月
売り上げランキング : 13305

by ヨメレバ

 

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031